骨盤ガードル いつ履く

骨盤ガードルはいつ履くといい?

 

骨盤ガードル,いつ履く

 

基本的に寝ている時の姿勢は、立っている時に比べると骨盤の負担がないため寝る時に骨盤ガードルを着用する必要はないです。腰痛が酷かったり骨盤をガードルで支えないと痛いという場合等は、寝ている時にも着用しても良いです。一日の中で一番骨盤が緩むのは、夜寝ている時であると言われています。

 

寝ている時に締め付けられていると、苦しくてガードルが気になりリラックスする事が出来ない場合もあります。貴重な睡眠時間であるため、夜に寝る時は着用しなくても良いです。骨盤ガードルは長時間履く事で効果があり、日中は履いて生活を送ります。

 

骨盤ガードルには色々種類があり、就寝用の骨盤ガードルもあります。就寝時には就寝用に変えたり、少し大きめのサイズを購入して着用するのが良いです。

 

骨盤ガードルには1日何時間までの着用を目安にするとは注意書きが特に設けられていなくて、朝出かける時に履いて帰宅したら着替えるまで着用を続けても問題がないです。今まで骨盤ガードルの着用をした事がなく慣れていない人は、締め付けが違和感が覚えやすくなります。

 

その場合は無理をしないで、途中で着用を辞めるのが大切です。素材によっては蒸れが気になる事もあり、途中で着替えるのがおすすめです。

骨盤ガードルを履くと痛い原因

 

骨盤ガードル,いつ履く

 

骨盤ガードルの中には、腰を痛めてしまうものがあり注意が必要です。腰回りをガードルで支える事で、血の巡りが悪くなって冷えやしびれや痛みが出てしまう事があります。サポートしてくれるため、最初は楽に感じられます。

 

しかし段々と毛細血管や真皮層や筋表皮膜へと血行不良を起こして、こうなると筋肉への影響は避けられないです。血行不良は腰だけに留まらないで、全身に広がっていきます。お腹回りがスッキリとするため見栄えも良くなるが、骨盤ガードルを使用する時は注意をします。

 

骨盤ガードルを選ぶ時には、締め付け感が少ないものを選びます。血行が良くなり、腰痛になる事を防げます。またサイズ選びも重要で、自分のサイズをきちんと測ってから購入をします。骨盤ガードルにより骨盤が矯正されると、腰の周りの筋肉が少しずつ正常な位置に戻ります。

 

骨盤がズレていない体になり、自然と正しい姿勢をキープ出来ます。姿勢が正しくなると、腰痛を改善する事が出来ます。特に女性は産前は出産準備に向けて背骨の筋肉が緩んで、大きくなったお腹を支えるために上半身が反って腰痛になりやすいです。

 

骨盤ガードルは産前でも産後でも使えるため、正しい着用をすると腰痛の改善が出来ます。

骨盤ガードルでお腹痩せするには

 

骨盤ガードル,いつ履く

 

骨盤ガードルは、通常のガードルとは異なり、着圧が凄いためお腹のお肉を包むような感じで引き締めてくれます。ダイエットを行っても体型が変わらい原因は、骨盤が歪んでいる可能性があります。骨盤ガードルは姿勢を正す効果もあり、姿勢が良くなるとスタイルが良く見えます。

 

姿勢が良くなると、体内に溜まった不純物も流れやすくなりお腹がスッキリします。産後は骨盤が開いているため、子宮や腸等の内臓が下がってしまいます。この状況では内臓が本来の機能を発揮出来ないため、代謝が落ちて脂肪が付きやすくなります。

 

骨盤を正しい位置に戻して締めると、内臓も元の位置に戻ります。正しい位置に内臓が戻る事で代謝が良くなって、お腹のたるみ等も解消しやすくなります。骨盤ガードルは骨盤矯正する効果があるため、お腹痩せをするには骨盤ガードルを見に付けるだけで簡単に出来ます。

 

ラルフィン骨盤ガードルは、お腹痩せに効果的です。少し加圧効果があるため、ご飯を食べる量が自然と減らせます。ドカ食いをしていた人はドカ食いが少なくなり、ぽっこりお腹が凹んできます。ウエストラインがスッキリとして、くびれが出来ます。

 

ラルフィン骨盤ガードルには4つのバネがあり、体を支えて姿勢を正す効果もあります。

骨盤ガードルが苦しい時の対処法

 

骨盤ガードル,いつ履く

 

骨盤ガードルを履いていて苦しいと感じたら、血行不良になったり水分が外に出ないためむくみが出来てしまったり代謝が悪くなります。苦しいまま履いていると、外側からも腸も締め付けてしまいます。腸を締め付けると、腸の動きが悪くなり便秘を引き起こします。

 

その他にも筋肉の運動を阻害したり、内臓にも大きな負担がかかってしまいます。呼吸機能の低下や消化不全や、血行不良等に影響が及ぶと病気にかかる場合もあります。苦しい骨盤ガードルは、履いていると体型は補正されるが脱ぐと元のぽっこりお腹に戻ってしまいます。

 

洋服を着る時にお腹の脂肪を隠すもので、体型をごまかすためのものです。苦しくない締め付けで、脂肪を落とす事が出来る骨盤ガードルを選ぶのがおすすめです。締め付けない骨盤ガードルがあり、これは締め付けないで脂肪を落とす事を目的にしています。

 

体を温めるのを目的にしていて、着けていてもとても温かく苦しくないです。体を温めると、血行やリンパの流れを活発にして代謝によって発汗を促してくれます。体温が上がって痩せやすい体温とされている36から37度を、常にキープ出来ます。

 

日中だけではなく、24時間着け続ける事で寝ている時にも効果を発揮します。

ヴィーナスカーブ骨盤ガードルのご購入はこちら!トップページへくびれのない寸胴体型がコンプレックスの方、美しいスタイルに憧れる方は、トップページでヴィーナスカーブ骨盤ガードルの詳細をチェックしてみてください。